FC2ブログ
   

2019年05月

2019/05/31

続々、子猫

この2、3日、あちこちから子猫の相談が5件ありました。今年は子猫の相談がないのかも…なんて甘かったです…相談のあった子猫の全頭数は、今のところ15匹です…確認は出来ていませんが、他にもいるみたいです…昨日、保護出来た子です。男の子だと思います。この時間になり、今、ドライフードを食べてくれてます!明日、保護する予定の子達です。男の子が3匹と女の子1匹です。この子達のそれぞれの母猫2匹は、今日TNRの予定です。今日...

2019/05/28

美しい雄猫、ちゃいくん

Iさんが、2歳になったちゃいくんの素敵なお写真を送ってくださりました。吸い込まれそうなロイヤルブルーの瞳は、母猫譲りです。(ちゃいくんの母猫)ちゃいくんは、TNRと保護を続けてきた、大きな現場から来た子です。母猫、兄弟猫は、手術後、リリースしました。本当は、家猫にしてあげられたら良かったのかもしれませんが、力及ばずです…ちゃいくんの、こんな姿を見させていただけると、あの時、保護して良かった…とつくづく思い...

2019/05/26

TNR現場の見守り

一昨日、昨日は、さくら耳チケットと、ご寄付を使わせていただいき、大がかりなTNRをした現場の様子を見に行って来ました。TNRを始めた頃は、不妊手術に反対し、否定的だったり、呆れていた方とも今では仲良しです。事務所に招いてくださり、コーヒーをいただきながら、楽しくおしゃべりが出来る関係になれました。現場付近の方と良い関係を作ることは、とても大切にしたい事だと思っています。現在の猫の情報を教えていただけるか...

2019/05/23

子猫のソウ

昨日、保護され、私の手元に来た子猫が今朝、亡くなりました…160グラムの男の子。名前はソウです。まだ、生まれて1週間くらいしか生きてないのに…一昨日の夜から鳴き声が聞こえ、明るくなってから、ご近所みんなで草むらを探し保護したそうです。その後、病院で受診すると、オシッコがたまりすぎているとのことで、オシッコを出す為の処置し、衰弱があったため、点滴もしていただくことになりました。ミルクは、あまり飲んでくれ...

2019/05/21

雨の中から子猫保護

今朝、この雨の中に子猫が鳴いていると連絡がありました。連れて来て来られた子猫は、この雨の中、寒くて、怖かったのかとても震えていました。とにかく、温め、ペースト状の高栄養のウェットフードを与えると一生懸命に食べてくれました。風邪もひいていないようですし、ひとまずほっとしました。雨の日に来た子なので、仮名は雨良々(ウララ)です。体重500グラムの女の子?かなと思ってます。by m...

2019/05/20

イリマの手術

酸素ハウスの中で育ったイリマが、ほかの子達と見間違うほど、しっかり育ってくれました。写真の一番下にいるのがイリマです!みんなより少し細めですが、こんなに大きくなりました!小さい頃、肺の問題があったこともあり、去勢手術は体がしっかりしてから、と先生と相談していました。一歳になる6月下旬まで、去勢手術は待とうと思っていたのですが、2月に入った頃から、発情期特有の鳴き声をあげ、部屋の隅で少量のオシッコをす...

2019/05/11

4月 収支報告

今年もバラが満開です。活動でちょっと疲れてしまった時、バラに癒されてます。4月収支報告                              前月繰越金    582,035円収入    寄付金      0円    譲渡金      0円        交通費      0円        合計       0円支出          医療費   28,494円    (ワクチン、駆虫薬含む)        交...

2019/05/04

無事でなにより…

少し前のことになりますが、いつものTNR現場から、見たことのない子猫がいるとの連絡がありました。また捨て猫なの!?捕獲器を持って、現場に到着し、子猫を見かけたという場所をあっちこっちと探していると…居ました!建物の裏の物陰から、こちらをそっと伺っている可愛い茶白ちゃん。ここも、TNRの広い現場の一角です。ここでも、猫達にごはんをあげてくれている方がいます。その方にこの子猫のことを伝えると…『その子猫のこと...

2019/05/04

白&黒

先日、白ちゃん(ビアンキ)の里親さんのHさんの新しいお家にご招待していただきました。久しぶりに会う白ちゃんは、幸せそうで、とても穏やかな目をしていました。窓から見えるランドマークタワーを眺めながら、ママのベッドの上で、相棒の黒くんとのんびりお昼寝です。白ちゃんは、元の飼い主さんを火事で亡くしてしまいました。それでも、全焼してしまった家から離れることも出来ず、ずっとそこにとどまっていました。真っ白の自...