FC2ブログ

        

第3回 猫シンポジウム@練馬

category - 報告
2018/ 03/ 06
                 


3月3日、ねりまねこさん主宰のイベントに参加させて頂きました。

第3回 猫シンポジウム@練馬
『人と猫が平和に共生できる社会をめざして』

講演内容は、

● 弁護士の細川敦史先生 
『法律を使って猫を守る方法』

殺傷、虐待、遺棄

里親詐欺

野良猫への餌やり

ペット禁止物件での飼育

に関することを法律の観点からは、どうなるのかなどのお話しを拝聴することが出来ました。

遺棄については、私が活動を始めたきっかけが『チャカ』という猫が遺棄されたことだったので興味深い内容でした。

チャカは私がTNRした猫です。

チャカのことを忘れた日はないです。

遺棄さた場所を聞き出して、何回も探しに行ったけれど見つかりませんでした。

今回頂いた資料に、野良猫であっても遺棄になりうる…と書かれていた部分を見て、悔しさと悲しさが込み上げてきました。

その他の事柄も、普段関わっていることなのでとても勉強になりました。



●獣医師の斉藤朋子先生 
『サスティナブル!持続可能な活動で9年やってきた!』

TNRにとても理解のある先生が率先して活動し、ボランティアに協力的であることを心強く感じました。

●NPO法人ねこけん代表 溝上奈緒子さん 『9年分の抱擁』

この実録VTRをみた時は、溝上さんがエサやりをし、フンの始末をし、面倒をみていた猫達を捕獲し、9年分の思いを込めて抱き締めた場面では涙が止まりませんでした。

会場にいた方々がみな涙を拭いているのを見た時、みんな同じような思いをしながら活動しているからこそ、共感し一緒に涙が出るんだろうなと思いました。

このような場所に参加させて頂くと、自分が出来ることと、何をしたいかが明確になってくる気がします。

活動を始めた時は、可哀想な猫を減らしたい、何か私に出来ることはないのか…と漠然と思っていたことが、自分の考えを少しずつ人にも説明が出来るようになってきたように思います。





さくら耳の猫をモチーフにした素敵なファイルをお土産に頂きました。

とても有意義な一日でした。

by m
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント